気になる職業の話|医療事務の通学で将来の働き方が大きく変わる

医療事務の通学で将来の働き方が大きく変わる

勉学

気になる職業の話

ウーマン

気をつけたいこと

普段何気なく行っている、話したり、聞いたり、食事をするということが、病気や事故、加齢によって不自由になることがあります。こうした際に、言葉によるコミュニケーションや嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いしたり、自分らしい日常生活ができるように支援する職業が言語聴覚士なのです。言語聴覚士になるには、高校卒業者の人は、文部科大臣が指定する学校または、都道府県知事が指定する言語聴覚士養成学校を卒業することで受験資格を得ることができます。一般の4年生大学卒業の人は、指定された大学、大学院専攻科または、専修学校を卒業することで受験資格を得ることができます。言語聴覚士の養成学校では、医学的な知識はもちろん、人間の心の働きを理解するための心理学や言語学、音声学などを学んでいきます。言語聴覚士は、国家試験に合格し、厚生労働大臣免許を受けなければなることはできないので、きちんと勉強し、試験に合格することが大事になってきます。

幅広い活躍の場

言語聴覚士は、コミュニケーションや食事に関する障害に適切に対応を行っていきます。具体的には、うまく話せなかったり、話が理解できない、文字が読めないといった言語障害や声帯を失い声が出にくい音声障害、上手に噛むことができない、上手く飲み込むことができない嚥下障害などに訓練や指導、援助を行っていきます。言語聴覚士は、医療機関だけでなく、保健や福祉施設、教育機関など幅広い領域で活躍することができ、ことばや聴こえで悩んでいる人の手助けをしています。結婚や出産などで生活スタイルが変化しても、一生を通じて働くことができるやりがいのある職業のため、近年では言語聴覚士のニーズが高まっています。また、高齢化が進む日本では、老人性難聴や嚥下障害などで悩む高齢者も増加傾向にあるため、言語聴覚士が欠かせない存在になっているのです。